Home 日系移民の歴史 北米時事から見るシアトル日系移民の歴史 写真結婚の隆盛〜『北米時事...

写真結婚の隆盛〜『北米時事』から見る シアトル日系移民の歴史 第8回

『北米時事』1919年5月9日「観光団と花嫁」

北米報知財団とワシントン大学による共同プロジェクトで行われた『北米時事』オンライン・アーカイブ(www.hokubeihochi.org/digital-archive)から古記事を調査し、戦前のシアトル日系移民コミュニティーの歴史を辿ります。毎月第4金曜発行号で連載。

筆者:新舛 育雄

第8回 写真結婚の隆盛

前回は『北米時事』の歴史をテーマにお伝えした。今回は、1910年頃から隆盛を極めた写真結婚について、1918年から1920年頃の記事を紹介したい。

1900年に入った頃から、アメリカで日本人に対しての排日運動が激しくなった。日本政府はこれに対応して、1908年に日米紳士協約を米国と締結した。この協約によって日本人の米国移民が制限され、既に米国に移住していた日本人労働者の一時帰国も難しくなると、会うことなく交換した写真だけで結婚を決める「写真花嫁」のアメリカへの呼び寄せが激増した。この写真結婚によって、多くの日系2世が誕生することになった。

写真結婚の様子

1939年1月1日号、中村赤蜻蛉の「メーン街盛衰記」の中で、写真結婚の様子が次のように語られている。

『北米時事』1939年1月1日 
中村赤蜻蛉「メーン街盛衰記」

「1907年が渡米移民の最後の年となった。即ち日米紳士協約がこの年の7月1日から実効を生ずることゝなったからである。然るに引き続いて写真結婚が可能となった為め、1908年以降、船毎に花嫁さんが押し寄せスミス・コープは時に珍奇妙々の悲喜劇を演じた。船に満載された花嫁さんがデッキに寄って悉(ことごと)く申し合わせたやうに懐中の小照を覗いては埠頭の人混みを物色しておる。又た埠頭に出迎へと出掛けた婿殿達は婿殿達でこれ又た各自のポケットを覗いてはデッキの上の花嫁群をあれかこれかと探索してをる。この光景は何とも例へやうのない情趣を誘った。顔と顔を見合せて卒倒した者、顔を発見してそれぞと判った瞬間、逃げ去って折角四千マイルの波濤(はとう)を冒してきた花嫁を置いてけぼりにした者等様々だった。(中略)

この花嫁渡米開始を一転機として独身時代の就働生活が定住化するの途上に就き所謂(いわゆる)ファミリーライフというものがこの後から展開されることとなったのである」

「写真花嫁とは何」白人の観たる写真結婚1919年7月31日号

「当地の一米紙は写真花嫁とは何ぞや、と題しその説明を与えるが、外人の観察を参考までに紹介し置かん。『日本の写真花嫁』と云ふ語は極めて普通の言葉であるが、その手続きを知る者は少なくない。その手続きは斯うである。シアトルに居る日本人が、日本に居る娘と結婚を希望するが、日本へ帰ってゆくことを欲しない場合に彼は委任結婚をするのである。即ち日本にいる友人に頼んで、自分の代理として結婚して貫うのである。結婚が済むと花嫁の写真を旅券に添付する。之を日本の移民官が調べて、娘は乗船を許可される。シアトルに着くと、彼女は移民局に留置せられ、その委任した夫が連れに来た時引き渡されるのである。斯様な方法に由らないで入国する日本婦人はめったに無い。移民官は男女を問わず移民の入国を防ぎたいのであるが写真花嫁の組織あるが為、移民官は何事をもなし得ないのである」

写真結婚の賛否両論

写真結婚は日米紳士協約で合意されたものとして、写真花嫁は1910年代に非常に増加していった。写真結婚については賛否両論、様々な意見があった。

「観光団と花嫁」1919年5月9日号
『北米時事』1919年5月9日「観光団と花嫁」

日本側からの在米独身男性の結婚に対する意見として、広島県の地方新聞『芸備日日新聞』からの抜粋記事が掲載された。

「アメリカ移民は全くできなくなったが、現在、在米邦人は約15万人で合衆国西部諸市を中心に農業、果物、漁業、洗濯、伐木その他種々の商業等に従事しているが、邦人の女僅か4500〜4600人しか渡米していないので、邦人の妻を持っている者は十分の一で独身者が多く、米国の女との結婚は幸福なるものが少ない所から、日本人の妻を迎えるために、冬の暇な時期を見て、青年観光団多数が来るが、実は迎妻にきて配偶者を得るために帰国する筈である。

本年帰った観光団長の話によれば、団員は広島県、岡山県、山口県、和歌山県の移民思想の発達した所の候補者を探し、殆ど定まった者が多いとの事。何故女が行くかと云うに、不縁の人、婚期の遅れた者、中には隣村の誰されはアメリカへ行って、月々何十円実家に送金するの、蔵を建てて行ったのといふ虚栄願望から進んで行きたがる。又は姑や小姑の煩わしさ多い内地の縁談を嫌う者、又稀に技術例えばミシン刺繍を習ひたいいう者もあるが、曰く付きの女子が七、八割を占めている。日本では最近、結婚準備費用が莫大かかるので、和服の調度のいらぬ在米邦人の求婚に応ずる親もある。これは開けた人達である。近年、写真結婚の弊を一般が識ったので、何うしてもは本人がこなけれが相談に乗り手が少なく、写真だと求婚条件の、半分値引きされ、化け物のような女子でなければ、なかなか行かない」

「昨年中沙港に上陸せる写真花嫁千六百」1919年7月28日号

「カリフォルニア州選出の上院議員フキソン氏は例の如く排日運動に熱中せるが、此程国務省に報じて曰く。日本汽船コレア丸は又もや150名の写真花嫁を輸入せり。此れ紳士協約を破壊するものなりと。

シアトル移民官のホワイト氏は曰く。昨年中シアトルを経て、上陸せし日本の写真花嫁は1500乃至1600人なるが、彼女らは一々厳密なる調査の後、入国を許可せらるゝものにして、決して紳士協約を破棄するものにあらずと」

高谷しか子「在米写婚婦人の覚悟」1920年1月1日号

前回『北米時事』女性記者として登場した高谷しか子が写真結婚に対して寄稿している。

『北米時事』1920年1月1日 高谷しか子
「在米写婚婦人の覚悟」

「日本人の現状は結婚法は親と親の約束のみで本人同志は不見不知(みずしらず)に結婚する者やタッタ一度の見合いで結婚する者がたくさんある状態で、写真は見合いに匹敵する。写真の交換があり月の下、花の影に恋を囁(ささ)やくに等しきラブレターの往復があって寧ろそれは日本人にとっての自主的、合理的であると言える。(中略)

写婚婦人の皆様、自己のみ見詰め、愚な思ひに苦しみ悲しむ場合ではありませぬ。封建時代に閉じ込められていた弱い女は今其扉を開放されて、男子と対等に歩行できる様になった。今大象の足に恐れて、逃げ逃げ吠える子犬の如く強いものに圧せられて泣く弱いものであってはならない。私達は活動写真に出る太った女が亭主のお尻を蹴って仕事に出す様な強い女であらねばならぬ。(中略)

戸外は今排斥という大きな槌を振り上げている。私達は其下を潜る夫と子供等を窓の内よりじっと見守っていなければならない」

日本人の高い出生率

前掲の1939年1月1日号、中村赤蜻蛉の「メーン街盛衰記」の中で出生者数が激増した頃の様子を、シアトル帝国領事館による同館領域内在住日本人についての数字を元に次のように語っている。

「1910年頃から約10年間は産婆成金の露出した時代で月々に生まれる同胞子女の数は素晴らしい数に上った。統計によると1910年の出生総数は267名であったものは、逐年増加して376名、461名、402名、477名、509名といふ風に上がって1919年には854名に達した。

実に一ケ月の出生児が平均71名強といふのであるから産婆成金が露出するに不思議はないのである。実際この時代のメーン街は偉観を呈し、異観を呈したものであった。凡そここを上下する婦人といふ婦人にお腹の大きくないのはなく、又云ひ合わせたように悉(ことごと)く赤いスエターを着ている。右と左の手には漸く歩けるやうになった年子の子引ひている。その後からはゾロリゾロリと四、五人か五、六人の子供は附いてゆく。斯うした光景と情景とは約十二三年に亘(わた)ってメーン街路に展開された」

この記事に記載の出生数を文献によるデータも加え、1910年から20年までまとめると表1の通りとなる。

「加州邦人七万」1919年12月12日号

「加州衛生局の発表によると、カリフォルニア州現在の日本人数は合計7万404人でその出生率は米人その他の凡て外国人を凌駕(りょうが)して、その出生率は千人につき68人分の割となり、去る7月の月は凡てのレコードを破って、400人の児童を出生したとある。之に反して、米人の出生率は僅かに千人につき17人の割となってゐるから日本人は之にほとんど4倍の増殖力を有していることとなる。右統計部長のロス氏によると15歳以上45歳で彼女らは平均1年措きに一人ずつの児童を生みつつある割合なりと」

表1によるとワシントン州での日本人の出生率は千人につき1919年で41人となっている。

1 シアトル帝国領事館内在住日本人出生者数
『北米時事』1939年1月1日「メーン街盛衰記」、文献等により筆者作成

出生者数(年間) 出生者数(月間平均) シアトル帝国領事館内日本人人口 1000人に対する出生人数
1910 267 22 12,689 21
1911 376 31 12,973 29
1912 461 38 13,580 34
1913 402 34 13,961 29
1914 477 40 15,663 30
1915 509 42 16,723 30
1916 547 46 17,750 31
1917 584 49 17,724 33
1918 679 57 19,532 35
1919 854 71 20,602 41
1920 818 68 21,245 39

写真結婚の廃止決議問題

1919年11月頃にロサンゼルスの日本人会である「在米日本人会」で写真結婚廃止決議がされ、シアトルではこの廃止決議に疑問を呈した記事が多く掲載された。

「『写真結婚問題』領事館で話題に上る」1919年11月13日号

 「此程の事であるが三面子が領事館を訪問した。一日隅々写真結婚問題に対する在米日本人会の行動が話題に上った。松永領事は『此問題に対し君等は如何に考えるかネ』との逆襲であった。

『三面子は神崎と云ふイヤに半官風を吹かせたがる在米日会の書記長が帰朝の土産として外務当局もコンナ意見だなどゝ吹聴した結果斯る問題惹起(じゃっき)の因をなしたでは無いかと思はれる。苟(いやしく)も日会の理事会としては軽率な事をしたものです』

と答ゆれば領事は『左様吾輩も其感がある。南政府の間に理解された写真結婚法を何も日本人会で廃止騒ぎをするほどのことではないと思ふ』

其所に内藤書記生が意見を挟んで解釈する。

『もし事実カリフォルニア州に於て写真結婚が排日の有力資材になっているならば夫等の人々に写真結婚に対する誤解の点を充分理解さすれば事足れりでは無いか。何を好んで自ら軽挙にも英文にまで訳出して如何にも同結婚法が日米の親善を阻害する不正行為乎の様に天下に発表する必要は無い。在日会内の人には写真結婚は日本人にのみ行はるゝ様に解するか知らぬが欧州先進国にも随分行はれて居る事を彼等は知らぬのであるらしい困った者だ』と」

「写婚廃止問題で在米日会幹部総崩れ」1919年12月10日号

「随分と沿岸の人騒がせをした在米日会の写真結婚廃止決議は世論に拮抗し、兼ねて各地連絡日会選良(せんりょう)代表者会の開催を見るに至り、さしもの名案決議もあたら自然消滅となり予測通り在日会参事員の総辞職となり、続いて牛島会長及び常務委員も連帯辞任を届け出たれば、茲に権勢を振るひし在日会は骨抜きの形骸のみを残す事となりたり」

写真結婚の禁止決定

写真結婚は遂に1920年2月25日で正式に禁止となることが、松永領事からの告示という形式で、1919年12月18日号に掲載された。

「今回本邦に於て写真結婚に依る婦人の渡米旅券下附願ひは来年1920年2月25日を限り以後受理せざる事となりたるに就き、在留民中写真結婚により妻を呼び寄す可き必要の状況にある者は此際至急当館により証明書を貰ひ受け速やかに本邦に於ける出願期限に遅れざる様注意すべし。而して従来は入籍後六カ月を経過したるものに非ざれば当館に於て呼寄證願を受理せざりしも、今回右期間に関する制限は廃止せられたり。右告示す。

1919年12月17日在シアトル帝国領事館 領事 松永直吉」

「今回愈々(いよいよ)写婚証明発給停止せらる」1919年 12月18日号第3面
『北米時事』1919 年12 月18日
「今回愈々写婚証発給停止せらる」

「告示の内容を見るに、写婚の已むなき事情にある在留民この際至急期限前に写婚の手続を了せよの意を仄(ほのめ)かしてある。2月25日以後写婚は絶対廃止される。新徴兵令は厳守される茲に於て青年や壮年は結婚の時期を失する事になったのは同胞将来の発展のため頗る遺憾の事である。かつては写婚に対する米国当局のため、其曲解を弁明適用した政府当事者が今回自ら進んでその特権を放棄したのは外務省が無定見だとの意見を抱く識者も多いが、既に事茲に及んでは省令に服従せねばならぬ義務が生じてきた訳だ。この報を聞知(ぶんち)した当地在留民の内には母国観桜観光団を開催しやうと云ふ議が現はれた。只でさへ従来の観光団は迎妻の一手段と見做されて居る程であるから観桜の銘を打って出る観光其実迎妻観光団も時勢の生む余儀ない催しであり且つ又対応策であらうが、唯だ内地滞在一ケ月以内に嫁探しせねばならぬ。徴兵関係の壮丁(そうてい)(成年に達した男子のこと)は如何にも気の毒である」

「写婚証明最終日」1920年1月26日号

 「外務省令に依り写婚呼寄に対する証明発給停止に付き、制限内に発給方出願するもの頗る多数に上り、連絡日会を始め領事館の多忙一方ならず。而して書信を以て発送すべき最終便船は明日出帆の伏見丸なるより謄本省略の簡易法採用のため、特に数日来は以後10日間は非常の混雑なりしと。今日を経過せば以後10日間は電報証明に依る外無かるべし」 

「渡航者激増」1920年3月2日号

「昨年中(1919年)外国渡航旅券の下附を仰いで横浜から渡航した者は合計三万人で、前年に比し、約一万五千人の増加を示している。渡航地は当米国への来航の分が最も多数を占め、南米行きは500人に過ぎない。此は米国が他国に比し景気がよいのと、一つは受理の期限は2月25日限りだった写真結婚に依る移民の渡航を昨日より禁止したる結果俄かに渡航者が増加した訳である。昨年12月の如きは一ケ月だけにて移民3000人、学事視察其の他の非移民数89人に達した。1月も郵船鹿島、伏見、商船シカゴ丸で493人、東洋汽船の紀洋、春洋で約400人、2月中各汽船を通じてに1026人の渡航者を見るに至った。従来は写真結婚に依る渡航者は毎月44〜45人に過ぎなかった者は、該禁止令発布以来俄に約倍数に増加して愈々禁止令実施期日迄に旅券の下附を受くべきもの270人に達すべき予想だそうな」

日本からアメリカへの移住者増大は、紳士協約の中でアメリカ在住者の父母妻子の呼び寄せ、写真結婚のための渡米は許可されていたことが、大きな要因となった。記事にあった1918年7月以降の米国出入国者実績をまとめると表2の通りで、どの月も入国者の数が上回っている。特に女性の入国者が多いことがわかり、その多くが写真花嫁だった。こうして、かつてアメリカへ出稼ぎ目的で渡った独身男性が、写真結婚により家族を得てアメリカ定住の基盤を作り、多くの2世が誕生していった。

筆者の祖父與右衛門(よえもん)も1911年写真結婚によりアキと結婚し、夫婦共稼ぎで理髪業を手掛け、成功を収めることができた。

2 日本人の米国出入国統計(『北米時事』1918年9月17日, 10月15日, 12月4日, 1919年1月28日、1920年3月2日「外務省調査報告」より筆者作成。入国者内訳: 移民(再渡航、家族呼寄せ、写真花嫁)、非移民(官吏、学生、商人、旅客)

A.入国者 B. 帰国者 A-B 写真花嫁月間推計
1918年合計 14,904 11,333 3,571 44~45人
7月 537 343 880 382 107 489 155 236 391
8月 385 250 635 438 161 599 -53 89 36
9月 518 331 849 556 189 745 -38 142 104
11月 476 316 792 413 37 450 63 279 342
1919年合計 30,000
12月 3,089
1920年合計
1月 893 約90人
2月 1,026 約270人

 

次回は2世の教育を行った国語学校に関する記事をお伝えしたい。

*記事からの抜粋は、原文からの要約、旧字体から新字体への変更を含みます。


参考文献

①米国西北部連絡日本人会編『米国西北部在留日本人発展略史』1923年。②『北米年鑑』北米時事社、1928年。③飯野正子『もう一つの日米関係史』有斐閣、2000年。

筆者紹介

山口県上関町出身。1974年に神戸所在の帝国酸素株式会社(現日本エア・リキード合同会社)に入社し、2015年定年退職。その後、日本大学通信教育部の史学専攻で祖父のシアトル移民について研究。卒業論文の一部を本紙で「新舛與右衛門— 祖父が生きたシアトル」として連載した。神奈川県逗子市に妻、長男と暮らす。

『北米時事』について

鹿児島県出身の隈元清を発行人として、1902年9月1日創刊。最盛期にはポートランド、ロサンゼルス、サンフランシスコ、スポケーン、バンクーバー、東京に通信員を持ち、約9千部を日刊発行していた。日米開戦を受けて、当時の発行人だった有馬純雄がFBI検挙され、日系人強制収容が始まった1942年3 月14日に廃刊。終戦後、本紙『北米報知』として再生した。

山口県上関町出身。1974年に神戸所在の帝国酸素株式会社(現日本エア・リキード合同会社)に入社し、2015年定年退職。その後、日本大学通信教育部の史学専攻で祖父のシアトル移民について研究。卒業論文の一部を本紙で「新舛與右衛門―祖父が生きたシアトル」として連載した。神奈川県逗子市に妻、長男と暮らす。