Home ニュース スポーツ 殿堂入りグリフィー氏 思い...

殿堂入りグリフィー氏 思い出のシアトルで会見

セーフコフィールドで記者会見に臨むグリフィー氏。

MLBシアトル・マリナーズなどで活躍、7 日に殿堂入りしたケン・グリフィー・ジュニア氏の記者会見が8日、セーフコフィールドで行われた。

マリナーズによると、グリフィー氏の背番号「24」番は永久欠番となりユニフォームは展示される。99・32%という歴代最高の得票率で殿堂入りした同氏は、記者の質問に笑顔を交えながら謙虚に対応した。

同氏に寄せられた元チームメートのコメントに、「功績だけでスターになったのではなく、他人を気遣えるその性格が彼をスター以上の人間に押し上げた」とあり、会見中もその人柄の良さがにじみ出ていたように見受けられた。

(記事・写真 = 白波瀬 大海)

北米報知は、ワシントン州シアトルで英語及び日本語で地元シアトルの時事ニュースや日系コミュニティーの話題を発信する新聞。1902年に創刊した「北米時事 (North American Times)」を前身とし、第二次世界大戦後に強制収容から引き上げた日系アメリカ人によって「北米報知(North American Post)」として再刊された。現存する邦字新聞として北米最古の歴史を誇る。1950年以前の記事は、ワシントン大学と北米報知財団との共同プロジェクトからデジタル化され、デジタル・アーカイブとして閲覧が可能(https://content.lib.washington.edu/nikkeiweb/index.html)。