Home ニュース 政治・社会 シアトル市長選へブルース・...

シアトル市長選へブルース・ハレル氏が出馬

インターナショナル・ディストリクトのタウンホール・ミーティングに出席したブルース・ハレル氏(2018年)Photo by Nick Turner

元シアトル市議のブルース・ハレル氏が、シアトル市長選への出馬を今月16日に発表した。ハレル氏は日系アメリカ人の母親とアフリカ系アメリカ人の父親の下でセントラル・ディストリクトで育ち、シアトル市議長を務めていた2016年には米日カウンシル在米日系人リーダー(JALD)訪日プログラムにも参加している。ワシントン大学のロースクールで学んだハレル氏は、市議会議員として中小ビジネス支援、警察組織の改革、教育の機会均等化、アフォーダブル・ハウジングなどに取り組んできた。

今年のシアトル市長選には、現職シアトル市長のジェニー・ダーカン氏は出馬を辞退しているが、ハレル氏の他に現職市議会議員のロレナ・ゴンザレズ氏など4名が出馬表明している。二人の候補に絞るプライマリー選挙が8月3日、総選挙が11月2日に行われる。ブルース・ハレル氏と政策方針などについては、同氏キャンペーンのオフィシャル・サイト(www.bruceforseattle.com)で参照できる。

ブルース・ハレル氏市長選キャンペーン公式ウェブサイト: Bruce Harrell for Seattle Mayor (bruceforseattle.com)

北米報知社ゼネラル・マネジャー兼北米報知編集長。上智大学経済学部卒業後、ハイテク関連企業の国際マーケティング職を経て2005年からシアトル在住。2016年にワシントン大学都市計画修士を取得し、2017年から現職。シアトルの都市問題や日系・アジア系アメリカ人コミュニティーの話題を中心に執筆。