Home 日系コミュニティー 日米草の根交流サミット シ...

日米草の根交流サミット シアトル・ワシントン州大会閉幕

(写真提供 = ワシントン州日米協会 / ナット・セイモア)

第28回日米草の根交流サミット2018が、9月18日から24日にかけて開催され、135名以上の参加者が日本からシアトルを訪れた。

日米草の根交流サミットは、公益財団法人ジョン万次郎ホイットフィールド記念国際草の根交流センター(CIE)が、日本とアメリカで交互に毎年開催している約一週間の交流イベント。シアトル地域での開催は今年が初めてで、ワシントン州日米協会(JASSW)が当地でのホスト役を務めた。

在シアトル日本国総領事館、神戸・シアトル姉妹都市協会のほか、シアトル市やベルビュー市などの
ワシントン州内の市役所も様々な形で参加した。共同議長は、ワシントン州下院議員のシャロン・トミコ・サントス氏と元シアトル港湾局CEOでワシントン州日米協会元代表のテイ・ヨシタニ氏が務めた。

9月19日の開会式典はシアトル酋長誕生の地であるブレイクアイランドで開催。島へ渡る船上でのオープニングセレモニーではワシントン州副知事のサイラス・ハビブ氏や、マシュー・ペリー提督の子孫であるマシュー・ペリー氏(提督と同名)が登壇して日本からの参加者を歓迎した。奈良県立畝傍(うねび)高等学校の生徒によるシアトル日系アメリカ人の歴史プレゼンテーションや、高知県で開催されたジョン万次郎スピーチコンテストで優勝した高校生二人によるスピーチも会場をわかせた。

開会式を終えると、参加者はシアトル、ベルビュー、タコマ、ポートタウンゼンド、モーゼスレイク、バション島など各地のホームステー先へ移動。4日間の滞在と各地での交流イベントを楽しんだ。閉会式典は、9月23日にレントン市内ワシントン湖畔にあるハイアット・リージェンシーで開催。KING5ニュースでキャスターを務めるローリー・マツカワさんの司会で進行し、太鼓の学校やネイビー・バンド・ノースウェストなどによる演奏も行われた。

CIEによる日米草の根交流サミットは、ジョン万次郎と彼を救助し米国で教育の機会を与えたウィリアム・ホイットフィールド船長、また彼らの子孫の約180年間継続する友情を原点に、日米の市民が相互理解と親交を深めることを目的に、1991年から続けられている。ジョン万次郎5代目子孫である中濱 京(なかはま・きょう)さんも開会式で登壇し、「ホイットフィールド船長が教えてくれた友情を忘れずに、国際交流の大切さを若い世代へ伝えていきたい」とコメントした。

来年の第29回は、ワシントン州の姉妹県である兵庫県で開催される。

(室橋 美佐)

北米報知社ゼネラル・マネジャー兼北米報知編集長。上智大学経済学部卒業後、ハイテク関連企業の国際マーケティング職を経て2005年からシアトル在住。2016年にワシントン大学都市計画修士を取得し、2017年から現職。シアトルの都市問題や日系・アジア系アメリカ人コミュニティーの話題を中心に執筆。