Home 日系コミュニティー MOMOが惜しまれながら閉...

MOMOが惜しまれながら閉店

レイ・アン・シラミズさん(右)と、夫のトムさん(左)

MOMOが惜しまれながら閉店
次世代が新ファッション店をオープン予定

シアトル日本町で営業していたファッション雑貨店、MOMOが9月末日で閉店した。ハワイ出身の日系アメリカ人であるレイ・アン・シラミズさんと、夫のトムさん夫婦が「HAPA」をコンセプトに2007年にオープンした同店は、日本町に残る数少ない日系人所有のビルであるジャクソン・ビルの修復直後に入った店舗として、当時の日本町に新風をもたらした。その後の13年間、アジアやヨーロッパから取り寄せた服、ローカルデザイナーのアクセサリー、ハワイからの小物など、多様なテイストの商品を揃えた同店は、ジャクソン通りの賑わいに欠かせない存在になっていた。「これまで同店を支えてくれたお客様やコミュニティーに、心から『マハロー(ありがとう)』と伝えたいです」と、レイ・アンさんは本紙にメッセージを寄せている。

MOMO閉店後は、これまでMOMOで働いていたケイトレン・ウエムラさんと、彼女の友人であるケイトレン・マドリガさんの二人が、新しいファッション店を同スペースで開店する。ケイトレンさんはハワイのビッグ・アイランド出身の日系人で、MOMOで働く以前から自身の洋服ブランドである「モーニング・サイレン(Morning Siren)」を同店に卸していた。MOMOでは、店舗で働く以外にも、オンライン販売の立ち上げなどでレイ・アンさんとトムさんをサポートしてきた。ケイトレン・マドリガさんはフィリピン系アメリカ人で、同じくハワイ出身だ。新店舗の店名や開店日はまだ未定だが、モーニング・サイレンのインスタグラム(@MorningSiren)や店舗前の貼紙で近日中に発表される予定だ。

(N・A・P)

北米報知は、ワシントン州シアトルで英語及び日本語で地元シアトルの時事ニュースや日系コミュニティーの話題を発信する新聞。1902年に創刊した「北米時事 (North American Times)」を前身とし、第二次世界大戦後に強制収容から引き上げた日系アメリカ人によって「北米報知(North American Post)」として再刊された。現存する邦字新聞として北米最古の歴史を誇る。1950年以前の記事は、ワシントン大学と北米報知財団との共同プロジェクトからデジタル化され、デジタル・アーカイブとして閲覧が可能(https://content.lib.washington.edu/nikkeiweb/index.html)。