Home イベント情報 ANA787型で10万便達...

ANA787型で10万便達成 世界初、全運行数の1/4占める

787型機10 万便運航達成を祝うANA関係者 写真提供 = ANA

日本の航空会社AN A は11日、ボーイング787型「ドリームライナー」の運航数が10万便の節目を迎えた。シータック国際空港で記念式典が開かれるなど、新たな主力機種としての活躍ぶりがアピールされた。

同機は新たな世代機種として、高い燃料効率性と中型機ながら大型機並みの航続距離を持つ。日本企北米報知日本旅行今年9月に開催、7 年目2月11 日にミーティング業も多数が参加、初号機はANAに納入され、世界で初めて商業運行される日本に縁深い機種として知られる。2011年10月以来、350以上の路線で就航し、のべ7500万人以上が搭乗、10万便の運航回数は787型機の総運行数の1/4以上を占めるという。

「7 8 7 ドリームライナーは、特にANAの国際線ネットワークにおいて重要な役割を果たしている機材で、10万便達成と いう節目を迎えたことは、ANAにとっても大きな意味を持ちます」と、ANAの篠辺修代表取締役社長は述べる。今後も787―10型を含む同機種全シリーズを受領、次の節目へ運航便数を伸ばしていく意向だ。

ANAは787―8、787―9型を44機運航中で、同機では世界最大の運航会社。現在はさらに39機を発注している。新型の777―9X型は20機を発注している。

記念式典は11日にシータック国際空港で開かれ、ボーイング民間航空機部門のレイ・コナー社長兼CEOは、「この節目が我々の長い信頼関係をより強固にし、今後も多くの節目をANAとともに祝っていくことを楽しみにしています」と語った。

(N・A・P)

北米報知は、ワシントン州シアトルで英語及び日本語で地元シアトルの時事ニュースや日系コミュニティーの話題を発信する新聞。1902年に創刊した「北米時事 (North American Times)」を前身とし、第二次世界大戦後に強制収容から引き上げた日系アメリカ人によって「北米報知(North American Post)」として再刊された。現存する邦字新聞として北米最古の歴史を誇る。1950年以前の記事は、ワシントン大学と北米報知財団との共同プロジェクトからデジタル化され、デジタル・アーカイブとして閲覧が可能(https://content.lib.washington.edu/nikkeiweb/index.html)。