Home ニュース ファーストヒル路面電車 無...

ファーストヒル路面電車 無料乗車サービス実施 公式開通間もなく

日本町のデザイン塗装をしたストリートカー。 北米報知アーカイブ

パイオニアスクエアからキャピトルヒルを結ぶストリートカーの正式開通が近い。23日から正式オープン前の無料乗車サービスを開始し、利用者へのPR活動が続けられている。

同路線は日本町の入るインターナショナル・ディストリクトを含め10駅、2・5㍄の路線を18分で結ぶ。運行はピーク時で毎10分、通常毎12 分、夜間は毎18分から25分で、1 日3千から3500人の利用が見込まれている。

当初の予定では2 0 1 4 年の開通だったが、車両設計を含めた問題により遅れが生じていた。昨年から日本町を含め、各コミュニティーのイメージを彩った塗装車両がテスト走行を繰り返していた。

無料期間は今週も引き続き行われている。23日付のシアトル・タイムズ紙電子版によると、2007年のサウスレイクユニオン路線の開設時には3週間の無料乗車期間が設けられている。

詳しくはwww.seattlestreetcar.orgまで。

ライトレール 路線延長は3月

また路面電車開通とともに地域交通改善へ期待されるライトレール・リンクのワシントン大学路線は、3月16日に開通する。サウンドトランジットが26日に発表した。

ダウンタウン、キャピトルヒル、ワシントン大学( UW)までの路線延長となり、同区間を8分間で結ぶ。UWからシータック国際空港までは45分。

利用者は2020年までに年間1200万人を見込む。当地交通で最も渋滞がひどい区間の1つで、近く地域交通の流れに大きな動きが見られそうだ。

同様に南路線での部分延長が今年秋にあるほか、2023年までに北リンウッド、南ケント・デモイン、東ベルビュー・レドモンドの路線延長が予定されている。

詳しくはwww.ulink2016.org まで。

(N・A・P)

北米報知は、ワシントン州シアトルで英語及び日本語で地元シアトルの時事ニュースや日系コミュニティーの話題を発信する新聞。1902年に創刊した「北米時事 (North American Times)」を前身とし、第二次世界大戦後に強制収容から引き上げた日系アメリカ人によって「北米報知(North American Post)」として再刊された。現存する邦字新聞として北米最古の歴史を誇る。1950年以前の記事は、ワシントン大学と北米報知財団との共同プロジェクトからデジタル化され、デジタル・アーカイブとして閲覧が可能(https://content.lib.washington.edu/nikkeiweb/index.html)。