Home 日系移民の歴史 ファミリー・ヒストリー 宇和島屋創業者、森口富士松...

宇和島屋創業者、森口富士松  ~故郷愛媛を想い、シアトルで大成した男~

Moriguchi family photo taken in 1940, in front of the Tacoma store. Fujimatsu and his wife Sadako with their children Akira, Tomio, Suwako and Kenzo (from left).

寄稿:愛媛大学准教授 佐藤亮子

筆者プロフィール


佐藤亮子(さとう りょうこ)

愛媛大学准教授。同大学グローカル地域研究ユニットで、宇和島屋研究プロジェクトの代表を務める。昨年から今年初めにかけてシアトルを訪れ、宇和島屋経営者一族である森口家へのヒアリングや、店頭リサーチなどを行う。

 

愛媛県八幡浜のミカン農家からタコマへ

ワシントン州における最初の日本人移民の足跡は、文献によれば1881年、愛媛県人の西井久八氏のシアトル入港であるという。彼は愛媛県の西南に位置する西宇和郡八幡浜(現八幡浜市)の出身。そして「宇和島屋」創業者である森口富士松(もりぐちふじまつ)氏の故郷もまた、同じく愛媛県八幡浜なのである。森口富士松氏は、1898年、八幡浜市川名津(当時は西宇和郡川上村川名津)のミカン農家に生まれた。5人兄弟の長男で、下に妹が3人と弟がいた。八幡浜は農業と漁業の町で、人々は半農半漁で暮らしており、農業の中心はミカンである。しかし、八幡浜にミカンが導入されたのは明治時代に入ってからであり、今でこそ「真穴(まあな)」「日の丸」など全国に知られるブランドが確立しているが、当時はまだ試行錯誤の時期であったと思われる。中でも森口家の農業は小規模であった。富士松氏の次男で、宇和島屋の元代表である森口富雄(もりぐちとみお)氏によると、「畑は少なく、ミカンの木30 本くらい」だった。
小規模とはいえ、長男である富士松氏は、家業である農業を継ぐことを期待されていたはずである。にもかかわらず、彼は、中学を卒業するとすぐ家を離れ、隣町の宇和島に出て働き始める。そこで数年間、ジャコ天やカマボコなどの食品加工および商売の経験を積んだ。さらにはその後、宇和島をも後にし、アメリカへと旅立つのである。
前述の西井久八氏を筆頭に、八幡浜からは少なからぬ人々がアメリカに渡っていた。愛媛は、「移民県」と呼ばれる沖縄、熊本、福岡、山口、広島、岡山、高知、和歌山などに比べると、移民総数は少なかった。だが、愛媛県内の傾向を見ると、八幡浜を含む西宇和郡の、中でも海岸集落からの渡航が県総数の3分の1強を占めている。その中でも、上泊、川名津、真穴が特に多かった。先陣をきって渡航した者のなかには、渡航先の地で成功していた人も何人かおり、その様子は八幡浜にも伝わっていた。例えば西井久八氏は、シアトルにレストランを、タコマにホテルやクリーニング店を経営し、羽振りがよかった。その後、彼のような成功者が一時帰国のたびに渡航希望者を同行してアメリカに戻ることもあり、シアトルやタコマ周辺に西宇和郡出身者のネットワークができていったものと思われる。西井氏以外にも、愛媛県からの移民者の多くがレストランやホテルを営み、あるいはコックとして働いていた。富士松氏が食品関係の道を選んだのも、それら成功者の後を追おうとしたのではないかと考えられる。

魚商人としての出発と蔦川氏との出会い、宇和島商店の創業

さて、富士松氏は1923年、24歳でアメリカに到達する。彼はまず、タコマの同じ川名津村出身者のもとに身を寄せ、働き始める。最初は農家で、その後レストランに移り、ついには「メイン・フィッシュ・カンパニー(メイン魚店)」というシアトルの日本町・メイン通りの魚店で働くようになる。メイン魚店は広島県出身の木原岩吉氏(1898年渡米)が1904年に開いた、シアトルにおける日本人魚商の草分け的存在であり、腕の良さでも知られていた。すでに宇和島で魚の加工を学んでいた富士松氏は、このメイン魚店で、アメリカにおける魚商の勉強をしようとしたものと思われる。メイン魚店は魚に加え、味噌や醤油、コメなどを製材業や漁業、農業に従事する日本人に販売してまわっていた。
メイン魚店の同業者に、蔦川彰三(つたかわしょうぞう)という人がいた。岡山県出身の蔦川氏は1902年に渡米。1905年に「日米仲買商会」を岩村次郎から共同で譲り受け、1914年には全経営を蔦川氏が引き継いで「蔦川商会」となった。事業内容はメイン魚店同様、農家や製材・鉄道敷設に従事する日本人が住むキャンプをまわって注文をとり、配達するというもの。食料品の販売だけでなく、洋服や美術品の販売、時には英語が話せない日本人の世話をもした蔦川氏の事業は急速に拡大。1921年には神戸にも事務所を構え、木材や金物を日本に輸出するようになる。
日本人を主な顧客とする日本人によるビジネス従事者同士、富士松氏と蔦川氏はほどなく知り合いになる。富士松氏は蔦川氏のビジネスから学ぶとともに、同様の事業のチャンスがタコマにもあるのではないかと考えた。そして、メイン魚店にも蔦川商会にもない技術を自分は持っていると考え始める。そう、渡米前に宇和島で学んだ、ジャコ天やカマボコ、さつま揚げなどを作る技術である。そうしたものを扱っている店は他にはなかった。富士松氏は自分の事業をスタートさせるべく、メイン魚店を辞めてタコマに戻り、1928年、タコマの日本町で「宇和島商店」(後の宇和島屋)を立ち上げた。新事業の手伝いのため、弟の才助(さいすけ)氏も愛媛から呼び寄せた。日本町の店舗は才助氏にまかせ、富士松氏自身は外商を担った。午前中にカマボコやさつま揚げを作り、午後はトラックの荷台に食料品を積んで、鉄道や漁業、農業、製材所で働く日本人移民に販売してまわったのだ。

貞子さんとの結婚と、子どもたちの名前に込めた故郷への想い

富士松氏の努力を惜しまない勤勉な働きぶりに注目していたのが、蔦川氏である。彼は富士松氏を、9人いる子どものうち三女・貞子さん(1907年シアトル生まれ)の夫にふさわしい人物と考え、引き合わせた。富士松氏と貞子さんは2年間の交際を経て、1932年に結婚。タコマに新居を構え、二人三脚で宇和島屋を切り盛りしていくことになる。一時帰国し、祖母から日本人としての教育を受けていた貞子さんは、俳句や書道、能や歌舞伎を嗜み、美術や音楽の素養も持ち、その一方で宇和島屋を支えるという自身の役割をわきまえた、聡明で能力の高い女性であった。
やがて四男三女を授かった2人は、子たち全員に日本人の名前をつけた。「父は日本に帰るつもりだったのだ」と富雄氏は振り返る。いずれ日本に戻る。だから、日本名は、子どもたちも日本人として育てようという意志の表れであったろう。農家の長男であった富士松氏が八幡浜を出てアメリカに渡ったのは、家族を、故郷を、豊かにしたいという思いからだったのだ。
たとえば、長女スワコさん(1935年生まれ)は4歳で富士松氏の故郷・八幡浜に渡っている。折しも太平洋戦争の開戦目前で、もちろん戦争を避ける意図もあったであろう。しかし、「それだけではなかったのではないか」とスワコさん自身は話す。日本の生活をさせる意図もあったのではないかと思われるのだ。スワコさんは、終戦から2年後に13歳でアメリカに戻る。「つらい思いもしたが、日本で過ごしたおかげで、私は日本語を話せる。それは良かったと思っている」という。

顔はこわかったけど、とても優しい人だった

 「厳しい父親であった」という、富士松氏に対する共通した印象もまた、子どもたちを日本人として育てるという富士松氏の意志を裏付ける。子どもたちは、茶碗が空になるまで席を立つことは決して許されなかったし、帰宅時間も厳守を求められたという。富士松氏には、自分の信念を曲げない頑固さがあった。寡黙だが、よく働き、よく呑み(酒もタバコも)、囲碁や将棋が好きな、まさに伝統的な日本の父親像そのものである。富士松氏の厳しさは「宇和島屋の事業において良い影響をもたらしていたのではないか」、と長男のケンゾウ氏は語る。そして、「今の自分たちの性格も、父の厳しさを受け継いでいる」という。
 厳しい反面、困った人を見ると放っておけない富士松氏の面倒見の良い性格も浮かびあがる。「父は顔はこわかったけど、とても優しい人だった」とスワコさんは微笑む。「いろんな人を家に招き入れてはご飯を食べさせ、車のない人には配達用のトラックを出してあげていた」という。妻の貞子さんも、それをとがめるようなことはなかった。「母はしょっちゅう、留学生にお茶漬けかなんか食べさせていたね」と富雄氏。スワコさんも、「家族だけで食事をした記憶がない」「お正月なんか100人以上いたんじゃないかな」と話す。富士松氏は大の子ども好きでもあり、いい匂いに引かれて店にやってくる子どもたちに、熱々のさつま揚げやトモエ飴(ボンタン飴)をあげていた。

強制収容、戦後の再興、そして次世代へ

 1939年に三男のアキラ氏が誕生。1942年、日本人・日系人の強制収容所への収監政策が始まると、前年八幡浜に移っていたスワコさんをのぞく森口一家は、パインデール集合所(カリフォルニア)を経てツールレイク収容所へ送られた。集合所でヒサコさんが、収容所でトシ氏とトモコさんが生まれ、9人家族となった。終戦後、森口家はタコマからシアトルに移り住み、日本町で「宇和島屋」を再興する。そして1960年にスワコさんは長女ジェイミーさんを出産。富士松氏にとっては初孫である。このことが、富士松氏の気持ちを変えたのではないかと、富雄さんは見ている。「孫が生まれたことで、日本に帰るという気持ちが薄くなっていったように思う」と富雄さんは言う。
 それから2年後の1962年、4月から10月にかけて6カ月にわたって開催されたシアトル万国博覧会に宇和島屋は出店する。万博出店は富士松氏の悲願であったというが、これが宇和島屋のその後を左右する大きなエポックメーキングな出来事となる。万博出展を機に、シアトル市内での知名度をあげ、日本人以外の顧客層を増やしていくことになる。一方で、後に二代目代表になる富雄氏は、当時体調を崩していた富士松氏に請われて万博の手伝いをしたのを契機に、家業を継ぐ決心をする。富雄氏は、ワシントン大学卒業後に勤務していたボーイング社を退社し、他の4人の兄弟と共に、本格的に宇和島屋の経営を担い始めた。そして同年、富士松氏は64年の人生を閉じるのである。
 「遅すぎたよ」。富雄氏もスワコさんも、インタビューの最初に口にしたのがこの言葉だった。富士松氏没後55年の今、彼の人生を正確に探り当てるには遅すぎるという意味であろう。だが、「遅すぎた」の奥に、生きているうちにもっときちんと評価されるべきであったという、富士松・貞子夫妻を含む日系移民の尊厳とその存在に対する敬意の念があるのではないか。そんなふうに考えるのは、うがちすぎだろうか。
Reference:
奥泉栄三郎監修「初期在北米日本人の記録』第3期:北米編、文生書院(2008)
村川庸子「アメリカの風が吹いた村〜打瀬船物語』財団法人愛媛県文化振興財団(1987)
伊藤一男「続・北米百年桜』北米百年桜実行委員会(1972)
Kristine Sullivan Ed.D. and Johnna L. Howell, “WIDE AWAKE IN SEATTLE ; Success Stories of Outstanding Leaders Who Learned to Share Leadership”
TSUTAKAWA FAMILY TREE 2014
THE UWAJIYAMA STORY
TOMIO-PERSONAL-FAMILY HISOTRY(2011.11)
Timio Moriguchi hearing (2016.9.19, 2017.3.10)
Kenzo Moriguchi hearing (2016.9.18)
Suwako Maeda hearing (2016.9.20)
Misao Watabe hearing(2016.9.20)
愛媛大学グローカル地域研究プロジェクトについて
ノースウエストでの宇和島屋の成功は、日本からたびたび注目され、今ではモリグチファミリーのゆかりの地、愛媛県の大学研究プロジェクトにも取り上げられている。愛媛大学の「グローカル地域研究ユニット」は、最近2回にわたり調査チームを派遣、創業ファミリーのモリグチ一家や宇和島屋顧客へのリサーチを行っている。
研究では愛媛という「ローカル」な場で培われた物、意識、技術が、「グローバル」に広がり根付いていく過程を分析。「愛媛生まれ」の宇和島屋が、「米国でもっとも成功した日系スーパーマーケット」と評価されるまで発展した要因や、日系移民として日本とのつながりと影響を探る。調査チームも「宇和島屋の実践・経験は、地方発の日系企業が海外で事業展開する際の参考となる」と捉えている。
昨年9月には、「地元米国人に認知され、アジアのシンボル的な存在」となった宇和島屋とコミュニティーの関係について、研究リーダーの佐藤亮子准教授が聞き取り調査を行った。今年3月はシアトル、ベルビュー両店で一般客へのアンケートを実施、日系、アジア系にとどまらない幅広い客層から支持される宇和島屋の姿を追った。
宇和島屋の歴史をひも解くと、労働者への現地販売、第二次世界大戦後のシアトル移転と移民増加、現在に続く日本文化への理解とアジアブームなど、「時代ごとの商機」という追い風に乗ってきた。佐藤准教授は「日系のアイデンティティというものが他と混じっていく中で、これから『日本』がどのような強みとして残っていくのか。何を大事にするかという考え方も愛媛として興味深いです」と話している。
調査報告は一部ウェブサイト(http://ipst.adm.ehime-u.ac.jp/glocas/)で見ることができる。報告書は論文にまとめられ、国際シンポジウムなどでの発表機会を伺っていくという。
なお、愛媛大学グローカル地域研究プロジェクトは4つのユニットに分かれており、宇和島屋研究ユニットの他に、「福岡正信と自然農法」、「松山俘虜収容所」、「越境する海のNomad」の3つの研究ユニットがある。「福岡正信と自然農法」研究は、福岡正信(1913-2008)が提唱した「不耕起、無肥料、無農薬、無除草」の自然農法が、愛媛からアメリカやインドなど世界のさまざまな地域へと、いかにして広がっていったか、その「グローカル化」のプロセスを明らかにするもの。「松山俘虜収容所」研究は、日清/日露/日独戦争(第一次世界大戦)時に松山に設置された捕虜収容所(松山俘虜収容所)の事例を中心に、捕虜取り扱いの実態解明を通じて異文化接触とその影響について考察を行うもの。「越境する海のNomad」研究は、日本の「僻地」である四国の太平洋岸が、オーストラリアの真珠養殖やアメリカ移民、そしてマグロ遠洋漁業と、常に外洋へ人と技術を送り出してきたことに着目する。遠洋漁業最盛期の1950~60年代、マグロ遠洋漁業者を通して人と技術のグローバルなネットワークがどのように築かれ、外国への技術の伝播がいかに行われたのかを明らかにしていく。
北米報知は、ワシントン州シアトルで英語及び日本語で地元シアトルの時事ニュースや日系コミュニティーの話題を発信する新聞。1902年に創刊した「北米時事 (North American Times)」を前身とし、第二次世界大戦後に強制収容から引き上げた日系アメリカ人によって「北米報知(North American Post)」として再刊された。現存する邦字新聞として北米最古の歴史を誇る。1950年以前の記事は、ワシントン大学と北米報知財団との共同プロジェクトからデジタル化され、デジタル・アーカイブとして閲覧が可能(https://content.lib.washington.edu/nikkeiweb/index.html)。