Home 日系コミュニティー 富士松ビレッジがオープンハ...

富士松ビレッジがオープンハウスを開催

image: Da Li Fujimatsu LLC

インターナショナル・ディストリクトのサウス・ジャクソン・ストリートに建設予定の富士松ビレッジのオープン・ハウスが、6月2日(木)に開催される。富士松ビレッジはダリ・フジマツLLCが、本誌発行人で宇和島屋の元C E Oでもあるトミオ・モリグチ氏と提携して開発中。28回建ての中に、小売店、ホテル、スタジオ、1または2ベッド・ルームのアパートの展開を計画している。また、地下に設けられる広い駐車場も大きな魅力のひとつ。シアトルの日系アメリカ人の歴史を次世代に伝えつつ、地域にさらなる活気を取り戻すことを目的としている。

富士松ビレッジオープンハウス

https://fujimatsuvillage.com

日程:6月2日(木)4pm〜6:30pm
料金:無料
場所:Wing Luke Museum
 719 S. King St., Seattle,WA 98104

(N・A・P

 

  

北米報知は、ワシントン州シアトルで英語及び日本語で地元シアトルの時事ニュースや日系コミュニティーの話題を発信する新聞。1902年に創刊した「北米時事 (North American Times)」を前身とし、第二次世界大戦後に強制収容から引き上げた日系アメリカ人によって「北米報知(North American Post)」として再刊された。現存する邦字新聞として北米最古の歴史を誇る。1950年以前の記事は、ワシントン大学と北米報知財団との共同プロジェクトからデジタル化され、デジタル・アーカイブとして閲覧が可能(https://content.lib.washington.edu/nikkeiweb/index.html)。