Home 日系コミュニティー クラムチャウダー・クックオ...

クラムチャウダー・クックオフ 日本から参戦のラーメン店が優勝

日本から出店をした船橋市のラーメン&BAR 963

2月22日、エドモンズ・ヨット・クラブで、「エドモンズ・クラムチャウダー・クックオフ2020」が開かれた。独立記念日の花火とパレード開催のサポートを目的として、エドモンズ商工会議所によって主催される本イベントは、今年で5回目を迎える。800人以上の来場者が訪れた大会当日、一般入場の開始となった午前11時にはすでに長い列ができており、人気の高さがうかがえた。会場には、地域のレストラン10店舗のほか、日本からの出店も。千葉県船橋市で営業するラーメン&BAR 963は、昨年11月に同市で開催された「第2回全日本クラムチャウダー選手権」で2度目の優勝を果たし、今大会の出場権を獲得しての参加となった。

イベントでは、伝統的なスタイルの「トラディショナル」と、新しいスタイルの「カッティング・エッジ」の2部門に分かれ、11店舗が出店。各ブースでクラムチャウダーが振る舞われ、参加者の投票により、2部門それぞれから優勝者が決められた。

ラーメン&BAR 963は、アメリカ国外からは初めての出店となる中、カッティング・エッジ部門で見事に優勝を勝ち取った。

ラーメン&BAR 963を経営する黒川裕士氏は優勝について、「栄誉ある賞をいただき、大変感謝してます。日本ではまだ、日常的に食べられる場所が少ないので、アメリカのようにいつでもおいしいクラムチャウダーを食べられるように広めていきたいです」とコメントを寄せた。

(加藤良子)