Home 日系コミュニティー 「紙芝居のたっちゃん」がシ...

「紙芝居のたっちゃん」がシアトルへやって来る!

紙芝居師の「たっちゃん」こと川上竜生さん(右)と紙芝居イラス トレーターの「てるくん」こと照喜名隆充さん(左)

最近では珍しくなった紙芝居師を本業に日本で活躍する「たっちゃん」こと川上竜生(かわかみ たつお)さんと紙芝居イラストレーターの「てるくん」こと照喜名隆充(てるきな たかつみ)さんが、2018年2月にシアトルを訪れる。ふたりは、愛知県名古屋市を中心に活動する紙芝居劇団「マーガレット一家」のメンバー。同劇団は学校や文化会館のほか、結婚式披露宴などでもオリジナリティーあふれる紙芝居を上演して人気を得ている。

今回のふたりのシアトル訪問は、マーサー・アイランドにある児童/青年劇団、ユース・シアター・ノースウエスト(Youth Theater Northwest – 4400 86th Ave. SE. Mercer Island WA 98040, (206) 232-4145)での特別講義が主な目的。アーティスティック・プロデューサーを務める交野(かたの)みみさんが、紙芝居のテイストを取り入れた「鏡の国のアリス」を企画。2018年5月上演に向けてのトレーニングの一環として、川上さんと照喜名さんによる特別講義が行われる。「日本文化を組み入れるプログラム制作をして欲しいとの指示があって、シアトルに住む子どもたちでも興味を持ちやすいものをと考えたとき、日本のアニメや漫画の原型になったと言われる紙芝居はどうかと思いつきました」と、交野さん。

上演の出演者候補として川上さんと照喜名さんの特別講義を受けるには、オーディションを通過して2018年3月から5月まで週5日間のリハーサルに参加する必要がある。日本のバックグランドをもつ出演者候補を探しているそうで、オーディションが11月12日にマーサー・アイランドのエマニュエル教会で実施された。

誰でも無料で参加できる日曜ワークショップも、2018年2月4日(日)、11日(日)、18日(日)の午後1時~5時の日程で開催される(小学4年生以上対象)。こちらは、気軽に紙芝居ライブを楽しんだり紙芝居制作を体験したりできる内容だ。「せっかくのシアトル訪問に合わせ、ユース・シアター・ノースウエスト以外でも、ふたりの紙芝居ライブを周辺の学校などで行いたい」と、交野さん。紙芝居ツアーの予約も受け付けているので、詳細は交野さん(電話番号:206-232-4145 Ext. 102)まで問い合わせを。

Youth Theater Northwest
4400 86th Ave. SE., Mercer Island, WA 98040
☎206-232-4145 Ext. 102/ mimi@youththeatre.org

日曜ワークショップ
2018年2月4日(日)・11日(日)・18日(日)1~5pm
※小学4年生以上対象、参加無料

(室橋美佐)

北米報知社ゼネラル・マネジャー兼北米報知編集長。上智大学経済学部卒業後、ハイテク関連企業の国際マーケティング職を経て2005年からシアトル在住。2016年にワシントン大学都市計画修士を取得し、2017年から現職。シアトルの都市問題や日系・アジア系アメリカ人コミュニティーの話題を中心に執筆。